CATEGORY【新物】〈活〉ほたて貝(4/30まで子持ち)



さるふつ産子持ち 活ほたて貝(砂抜き)冷蔵便
【活ほたて貝は、4月末まで子持ち

名産地・猿払村(さるふつむら)のほたて漁は、毎年3月中旬から。現在は、流氷が明けて潮が温まり、肥沃化された海でエサをたっぷり食べて成長した「子持ち」のほたて貝をお届けしています(4/31まで子持ち)。卵も貝柱もプリップリ


日本有数の帆立名産地・猿払(さるふつむら)で水揚げされたほたて貝を、枝幸町にある弊社の加工場で選別し、容量30tの生簀(いけす/海水を引き入れた生簀です)で砂を抜き、活力をつけてから生きたまま全国に出荷しています。

流氷明け3月中旬から4月末までは、卵・白子が発達した子持ちの活ほたて貝をお届けします。5月以降(産卵期)卵は徐々になくなり、貝柱が発達します。

◎必ずお読みください さるふつ産ほたて貝は、操業海域によって大きさが異なるため、常時、同じ大きさのものをご提供することができません。ご注文をいただいただいたら『なるべく大きな帆立貝』を選び、『できるだけ大きさを揃えて』出荷するよう心がけています。量目を調整するため、まれに大きさの異なる帆立貝が混じる場合がございます。ご理解をいただけますようお願いいたします。

表示順 : 
表示件数:1~12 / 12